診療時間

午前:9:00~13:00
午後:16:00~20:00
土曜日午後のみ16:00~18:00

休診日

水曜日、日曜日、祝祭日

所在地

梅田皮膚科クリニック
〒664-0896
兵庫県伊丹市船原2-2-3
電話:072-787-3700
アクセスはこちら >>

携帯インターネット受付 qr

携帯からも待ち状況などが確認できます。

美容診療ガイド しみ・あざ・そばかす治療 しみ・あざ・そばかすとは

お肌のしみやそばかすの主な原因として紫外線が挙げられますが、化粧香料などによる刺激や加齢に伴う変化、遺伝なども挙げられます。お肌には、メラノサイトという皮膚浅層にある細胞が、紫外線などから肌を守るためにメラニン色素を出します。しかし、必要以上にメラニンが吐き出された場合お肌に溜まってしまいます。メラニン色素が固着したものをしみと呼びます。一方で、あざは生れつきのものから、皮膚組織の異常などさまざまな原因が挙げられます。

しみの原因

しみとなる原因として紫外線が挙げられますが、ストレスやお肌の新陳代謝の低下による原因もあります。紫外線は、皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え皮膚年齢の老化を加速させます。これらから守るために、皮膚細胞であるメラノサイトがメラニン色素を出し皮膚を守ります。これが一般的には日焼けと呼ばれており、多くの場合は、自然治癒力により皮膚を再生しますが、様々な理由により、新陳代謝が弱くなると、メラニン色素が皮膚浅層に固着し、しみになります。

あさの原因

あざの種類は、茶あざ、青あざ、赤あざなどいくつかの種類があり、あざは、顔だけでなく、体にも現れます。あざの原因は生れつきのものから、皮膚組織の異常までさまざまですが、メラニン色素と毛細血管によるものに大別できます。茶あざと青あざはメラニン色素によるもので、赤あざが毛細血管の拡張・増生によるもので、どのようなあざでもレーザー照射による治療で治せますが、赤あざは専用のレーザーによる治療が必要になります。

そばかすの原因

そばかすは別名を雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、思春期ごろから目の周りや頬にできる小さな斑点のような物がたくさん出来てしまうことです。紫外線や遺伝的なもの、妊娠中の女性や加齢に伴うホルモンバランスの変化による乱れが原因として挙げられます。また、紫外線の浴びすぎやスキンケアを怠ってしまったり、スキンケア方法を間違えたりしますとそばかすは濃くなり増加します。

しみ・あざ・そばかすの治療方法 しみの治療方法

主にシミクリームの外用、ピーリング・プラセンタ注射・レーザーなどが挙げられます。
ピーリングやレーザー後は紫外線にとても弱くなっているので、普段以上の紫外線対策が重要になります。また、肝斑(ホルモンバランスの崩れによって表れるシミ)に対してのレーザー治療は向いていないとされているので注意が必要となります。この他にも、レーザーを照射できない(照射により濃くなってしまう)シミも多くありますので、適した治療法は診察医とご相談下さい。尚、治療費についてはすべて保険適応外となります。

あざ治療方法

治療はレーザー照射が主体となり、あざの色や大きさ・深さに応じて行われ、状態によっては、数ヶ月おきに数回の照射が必要となります。
尚、赤あざについては専用レーザーによる治療が必要となります。装備している医療機関数が少ないため、当院にて治療が行うことができかねますのでご了承ください。
赤あざの治療をご希望の場合は診察にてご相談の上、治療を行っている医療機関をご案内させて頂きます。

そばかすの治療方法

シミ用のレーザーを使わずに専用のソフトなレーザーを使い、数回照射を行い、だんだん薄くしてゆく方法が理想的です。
一回30,000円(税抜き)で、照射後はUV カットクリームを使用していただく以外に、わずらわしいことはほとんどありません。
手術時間(昼間)にて施術を行っておりますので、診察でのご予約が必要となります。

しみ・あざ・そばかすの予防方法

予防方法としましては、紫外線を浴びないように日焼け止めクリームをこまめに利用し、日傘や帽子などで直射日光を避けるようにしましょう。また、肌の保湿を充分におこない、食生活面でもビタミンCなどを摂取し、お肌に栄養がしっかりと整った食事をする事が大切です。